恋愛・浮気・不倫・同棲・結婚・離婚

恋愛における復縁、復活愛、浮気、別れ、出会い

好きな人と電話をするには?成功しやすい誘い方と注意点について#1

[

好きな人との電話にはメリットがある?

好きな人との電話には、LINEやメールでの文章のみのやり取りにはないさまざまなメリットがあります。電話をコミュニケーション手段として効果的に使うことで、彼女との親密度をアップさせましょう。

1. リアルタイムの会話で距離が詰めやすい

電話はLINEやメールとは異なり、会話によるリアルタイムなコミュニケーションのため、やり取りがシンプルです。「文面ではあらたまった感じがして聞きにくい」ということも話題に上げやすくなりますし、うまく会話が盛り上がれば、好きな人のことをよく知るチャンスにもなるでしょう。

また、お互いの声を聞きながらのやり取りは、LINEのメッセージよりも『相手がそこにいる』という実感を持ちやすく、相手との距離感が縮まりやすいと言えます。

2. 相手の気持ちを推し量りやすい

文章のみのやり取りでは、相手との間に誤解が生じやすい傾向です。友人間のLINEやメールでも、自分の真意が相手にうまく伝わらず苦労した経験があるという人は多いのではないでしょうか。

その点、電話は声のトーンや口数、息づかいなどから、相手の気持ちを推し量りやすいというメリットがあります。彼女が楽しそうかつまらなさそうか、その話題を続けたほうがよさそうか切り上げたほうがよさそうかなどの判断もしやすくなるでしょう。

また、お互いの理解に何かしらの行き違いが生じたときにも、即レスできる電話であればすぐにその誤解を解けるところも魅力です。

電話したいときのきっかけや誘い方

f:id:bod0321:20220115235734j:plain

好きな人に電話をかけるには、何かしらのきっかけが必要です。カップルであれば特別な用事なしに電話することも可能でしょうが、まだ片思いの段階ではそうもいきません。ここでは、好きな人を自然に電話へと誘えるテクニックを紹介します。

1. 相談に乗ってほしいと誘う

一番王道なのは『相談』を理由にするというものです。相談事には文章のみのやり取りよりも直接会話できる電話のほうが向いているため、相手の女性に「LINEじゃダメなの?」と思われにくいでしょう。

好きな女性が職場の同僚なら、仕事関係の相談事を持ちかけるのがもっとも自然です。その際は、いきなり彼女のスマホに電話をかけるのではなく、まずはLINEで「仕事のことで相談があるから、電話していい?」とワンクッション置くことをおすすめします。

2. LINEでは長文になるからと電話

好きな人に「なんでLINEじゃないの?」と思われてしまわないように、先に「LINEでは長文で分かりにくくなってしまうから、電話したい」と伝えておくのもよいでしょう。

1、2度のメッセージのやり取りで終わる簡単な用件ならLINEでも十分ですが、もっと込み入った用件であれば、電話でダイレクトに話したほうが楽な場合も多いです。仕事関係の相談事などを持ちかけるのであれば、「大切な話だし、誤解が生じるといけないから」というのも、まっとうな理由になります。

このように、好きな人にあらかじめ『LINEよりも電話がよい理由』を伝えておけば、彼女も警戒心を持ちにくいでしょう。

3.ストレートに電話したいと言う

好きな人との間にある程度の信頼関係が築けている状態であれば、あれこれと理由をつけずストレートに「電話したい」と伝えるのもアリです。

デートから帰った直後などに「また声が聞きたくなっちゃって」と言って電話をかけてみると、脈ありの場合は彼女も喜んで応じてくれるでしょう。

「何度も同じような口実を持ち出すのも不自然だ」という局面でも、思い切って「特に用事があるというわけじゃないんだけど、声が聞きたい」などと伝えてみてもよいかもしれません。

ただし、まだ好きな人との親密度が十分でない場合、この方法は一種の賭けになります。そのため、タイミングをよく見計らうようにしてくださいね。